子どもの歯磨き習慣について〜presentsオンライン歯科セミナー報告〜

こんにちは。ささやんです。

歯磨きは健全な成長発達や将来の健康を考えた際にも、とても重要な習慣ですよね。
しかし「なかなか歯を磨かせてくれない」「どれくらい磨いたら良いか分からない」そんな悩みを持つ親御さんも少なくないのではないでしょうか?

そこで今回は、先日歯科医師の永井先生を講師にお招きして開催した「presentsオンライン歯科セミナー」の内容をまとめながら、子どもの歯磨き習慣について大切なポイントをお伝えしていきます。

これを読めば、子どもの歯磨きがなぜ大切なのか?そしてどのように歯磨きを進めていけば良いのかを知ることができます。

 

 

なぜ歯磨きが大切なのか?

歯磨きが大事だということは皆さんもご存知かと思います。虫歯を予防すること。歯周病を予防すること。歯の健康を守るために、歯磨き習慣はとても重要になってきます。

では、なぜ虫歯を予防しないといけないのでしょうか?

なぜ歯周病を予防しないといけないのでしょうか?

この質問に皆さん答えられますか?

「虫歯になると痛いから」
「歯を抜くことになると食事が大変になるから」
「歯周病になると様々な病気の原因にもなるから」

どんな答えも間違いではないと思います。

では子どもの歯はどうでしょうか?乳歯は自然と抜けるものです。であるならば、虫歯になったとしてもまた生え変わるし・・子どもも歯医者を嫌がってるから、少し様子を見よう。そんな風に考えてしまう人も少なくないのではないでしょうか?

「いずれ抜けるから」というのはその通りなのですが、乳歯の役割の一つに永久歯のガイドとして機能するというものがあるのです。なので例えば酷い虫歯になり、抜歯しなければならない状況になると、それは永久歯の歯並びにも影響してきます。

また虫歯の治療が大掛かりになるほど、歯医者への恐怖心なども生まれて「歯医者嫌い」になってしまう可能性もあるでしょう。

歯磨きを丁寧に行うことや歯医者に定期的に通うことは生活のルーティンの中でとても大切。幼少期からこまめに歯医者に通いながら虫歯を予防することは、虫歯自体の予防にも繋がりますし、間接的に将来的な歯周病の予防などにも繋がる習慣になるのです。

虫歯予防のポイント

それでは虫歯を予防するポイントは歯磨きと歯医者に通うこと以外にどんなことがあるのでしょうかる

そもそも虫歯を予防するための歯磨きのコツ、歯医者にどれくらいの頻度で通ったらいいの?

そんなことを紹介します。

まず虫歯になるメカニズムを説明すると、こんな感じ

歯というのは常に溶けたり(脱灰)固まったり(再石灰化)を繰り返しています。このバランスが崩れてしまうと、口腔内にいる細菌が繁殖して歯を溶かしてしまうのです。

ではどんな風にバランスが崩れると細菌が繁殖してしまうのでしょうか?それは口腔内が酸性(pH5.5以下)の環境に傾いた時。

口腔内が酸性の環境になるのは、食後です。特に糖質を摂取した後は口腔内は一気に酸性に傾きます。

そしてその酸性に傾いた時間の10倍の時間をかけて、アルカリ性の環境に戻ってくると言われています。(ステファンカーブと言います)

そのため、食事回数が多かったり普段口にする飲み物がジュースなどの糖質が含まれるものであったり、あとはアメ玉などを常に口に入れているような状況は、口腔内が酸性に傾く時間が増えてしまうため、虫歯になりやすい状態が長く続くと言われています。

そんな酸性の口腔内から細菌をなるべく排除するために、歯磨きは大切なのです。また定期的な歯医者への検診で、自身の歯磨きの癖(よく磨けているところとみがきづらいところ)を知ることや、専門の機器で細かいところまでクリーニングしてもらうことは虫歯予防のためにも大切になります。

フッ素についても色々な議論が行われています。確かにフッ素は大量に摂取すれば死に至ることもあるような劇薬です。「フッ素は身体に毒だから避けた方が良い」などの声も聞かれますが、一般的に歯磨き粉に含まれるフッ素の含有量では人体に影響を及ぼすといった報告はありません。

フッ素の役割としては、歯を溶けにくくする働きがあること。
1,000ppm 以上のフッ化物イオン濃度では、500ppm 高くなるごとに 6%の虫歯予防効果の上昇がみられることは疑いのない事実と言われています。(フッ化物と口腔保健―WHOのフッ化物応用と口腔保健に関する新しい見解 (WHO technical report series (No.846)))

仮にフッ素を過剰摂取してしまうと、歯に対しては斑状歯、骨に対しては骨硬化症という病気を引き起こすことがあると言われてます。(通常の歯磨き粉を普通に使用していれば起こらない量です)
なのでもしフッ素の毒性が気になるという人は、人体に影響を及ぼさないとされる量のフッ素の毒性(歯磨き粉を何本も丸呑みしたら害がある可能性があります)と、虫歯予防において揺るぎない効果が報告されているメリットを天秤にかけながら使用について決定されると良いのではないでしょうか?

 

そのほかにも、近年になり虫歯に影響する要因は多々あると言われています。そこには心理的、社会的な要因も含まれるとのことです。

食事の内容や歯磨き習慣、リテラシーを含めて社会的要因というのはどんなものにも影響するのですね。歯医者に通うのには金銭的・時間的コストもかかります。まずは日々の習慣で行える歯磨きでしっかり虫歯予防をしていきたいところですね。

 

歯磨きを嫌がる子どもへの対応

さて、歯磨きが大切だということは伝わりましたか?

そうは言っても子どもは歯磨きを嫌がるもの。また歯医者さんは大嫌い!という子どももいることでしょう。そんな時はどう対処したら良いのか?ポイントについても学んだことを整理してみます。

・歯ブラシは柔らかいものを使う
→子どもにとって硬いブラシが痛みに繋がり、歯磨きを嫌がってしまう可能性があります。

・寝ながら磨かない
→寝ながら磨くと唾液を誤嚥してしまい、むせたり苦しさを感じで歯磨きに苦手意識を感じる原因となることがあります。

・幼少期から歯医者に通う
→1歳になり歯が生えたら歯医者に通うこと。最初は口を開けないでベッドに座るだけでも良し。歯医者さんに通うことに慣れることで、その後の通院のハードルが下がります。

そして、やはり親が子の鏡!親が目の前で丁寧に歯を磨いている姿を見せることや、また仕上げ磨きを嫌がる子の場合は親の歯を子どもに磨かせてあげて役割を経験させることで、「じゃあ順番こ!今度は交代!」と言ったりすることですんなり磨かせてくれることもあるかもしれません。

 

僕は理学療法士で歯のことは専門ではありません。しかし日々多くの患者さんの身体を見させていただき、また勉強を続けて知識を深めていくことで「歯磨きって本当にめちゃくちゃ大切だな!!」と気付かされた経緯があります。

そこで開催したのが今回のオンラインセミナー。
また今後も講師の永井先生にご協力いただきながら、今後も開催して皆様に情報を届けられたらと思っております。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA