【活動報告】高校女子バスケ部でバッシュの講習会を開催してきました

こんにちは。ささやんです。

先日、僕の母校である東海大相模高校の女子バスケットボール部にて、後輩の保井くんと講習会を開催してきました。

顧問の大石先生は僕が高3の時から男子バスケット部を率い始め、5回の全国大会へ導いた名将!僕も理学療法士の資格を取ってすぐ、医療機関で働く傍ら男子バスケット部のトレーナー活動を5年間やらせていただきました。

先生が男子バスケット部の監督を退いた関係で僕もトレーナー活動をやめて7年が経ちます。そんな中先月、先生から急に連絡を頂き「今は女子バスケを指導してるのだけど、怪我人が多くて困っている」と相談を受けました。ありがたいことにそこでトレーナーの打診もありましたが、中々定期的にチームに顔を出すのは難しい状況なのでお断りしました(家も遠いし)。だけど何か少しでも力になれればと思い、単発ですが一日だけ講習会をやらせてもらいに行きました。

靴の履き方でこんなに変わる!

講習会をやらせてもらえることにはなりましたが、たった一日で選手やチームのためになる講習を・・と考えた結果、後輩の保井くんがめちゃくちゃ熱心に取り組んでいる「シューズ」に関する講習が、きっとチームのためになると思ったのでした。

継続的に今後も関わることができないので、トレーニング系の講習は責任も持てない。
チームには他のトレーナーさんも付いているし。。

でもシューズに関することなら、保井くんほど詳しく勉強している人もいないだろうと思ったし、絶対にチーム(生徒たち)のためになると思ったのです。

バッシュ大好き保井くん。気合いのポーズ!!

講習会はまずバッシュの構造と機能の説明からスタート!
バッシュを選ぶ際に気にしてほしい機能には
・トラクション(滑りやすさ)
・クッショニング(衝撃吸収)
・コートフィール(素足感覚)
・フィッティング(足との相性)
・サポート(怪我のしにくさ)
などがあるとのこと。

アウトサイドプレーヤーとインサイドプレーヤーではそれぞれプレースタイルの違いから、バッシュに求められる機能も異なるということでした。

さらに靴オタクの保井くんからは、NIKE、asics、Jordan、adidas、UNDER ARMOURなど、メーカーごとの特徴のヒントも!それぞれの企業がどんな特徴があるのかを知ることも、バッシュ選びの重要な情報になりますよね。

講習会では、その後実際にみんなで自分の足のサイズを測って、バッシュのサイズが本当に合っているか?を確認しました。今回は強豪校ということも関係しているのか、非常に意識の高い生徒さんたちが多かったのでサイズがジャスト!という子も多かった印象があります。

だけど、中には「中学時代はNIKEで怪我したことなかったけど、高校でasicsになって怪我が増えた」と言った悩みもありました。縦のサイズだけでなく幅のサイズもパフォーマンスや怪我の予防には大きく関係してくるんですね。みんなでバッシュを揃えると言った風潮のあるチームもありますが、やはり身体の特徴は個々で異なるのでバッシュも自由に「自分に合うもの」を選べるようになるといいですね!

講習会ではその後、実際に紐の結び方についてもレクチャー!オーバーラップとアンダーラップという2つの違いについてわかりやすく説明していただきました!

オーバーラップ
・紐を上から下に通す方法
・締まりが良くて緩みにくい
・足をしっかりホールドしたい時に適応。

アンダーラップ
・下から上に紐を通す方法
・圧迫感がなく適度に足に馴染む
・甲高の人はアンダーラップがオススメ

熱心に取り組む選手たち

靴の履き方や紐の締め方で、ここまでバランスが変わったり筋肉の柔軟性が高まることに、選手のみならず監督にも喜んでもらえました!(僕は何もしていませんが、嬉しかった◎)

この知識は僕も初めて保井くんから聞いた時には驚きと感動でしたし、「もっと早く知りたかった!!」と心から思ったのであります。

NPO法人presentsでは、このようなシューズの講習会を始め、中高生の部活や小学校のクラブチームなど、スポーツ少年少女向けにも出張講習会を行なっております。

ご興味のある方は是非、NPO法人presentsのHP(https://www.presentsnpo.com/club)からお気軽にお問い合わせくださいね◎まずは相談だけでも承っております。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA