怪我の原因は何なのか?スポーツの怪我と予防についてお伝えします。

こんにちは。ささやんです。

 

前回の記事で紹介しましたが、先日高校バスケの現場でバッシュの講習会を開催してきました。

 

その際に、複数名の選手が怪我をしているとのことで個別にコンディショニングを教えて欲しいとの要望があったので何名かの選手のカラダを診させていただきました。

 

「スポーツに怪我は付き物」そんな言葉がまかり通っていますが、、実はそんなことはありません!
怪我には「予防できるもの」と「予防できないもの」があるということをご存知ですか?(もちろん100%防げるわけではありません)

 

今回カラダを診させていただいた選手も「これは怪我してしまうのも無理はないな・・」と思うようなところがありました。

 

そこで本日はスポーツをしている人や指導している人に読んでいただきたい。
スポーツで「なぜ怪我をするのか?」ということについてお伝えできればと思います。

 

これを理解することで、予防するためにどんなことに取り組めば良いのかのヒントが得られるのではないかと思います。

 

怪我の種類〜外傷と障害〜

スポーツに怪我は付き物だと言われますが、本当にそうなのでしょうか?怪我を予防することはできないのでしょうか?

 

そこでまず、怪我の種類を大きく2つに分けて考えてみましょう。
スポーツに伴う怪我には、「スポーツ外傷」というものと「スポーツ障害」というものに分けることができます。

 

スポーツ外傷というのは1回の瞬間的な外力で受傷するもの
例えば、切り傷、打撲、捻挫、骨折など
特徴としては、
・原因がはっきりしている
・放っておけば時間経過と共に治る
・偶発的に起こる事故のような側面もある
・予防するのが難しい
という特徴があります。

 

原因がはっきりとしている一方で、予防することが難しい側面もあります。
ちなみにスポーツ外傷の受傷直後はRICE処置(安静、冷却、圧迫、挙上)をしてくださいね。

 

スポーツ障害というのは、繰り返す小さな外力で受傷するもの
例えば、 シンスプリント、腰痛、アキレス腱炎、オズグッドなど
 特徴としては、
・はっきりとした原因がない。
 ・放っておいても時間経過では治らない
 ※休んでよくなっても、再開すると再発を繰り返す
・予防することで防げる側面もある
という特徴があります。

 

ハッキリした原因がないのですが、その多くは不合理な動き方や姿勢の崩れが大きな要因であることが少なくありません。

 

姿勢を支える機能の弱さが怪我に繋がる理由

 

姿勢を支える機能が弱いと、本来は姿勢を支えるのに必要のない筋肉の硬さが余計に生じたり、運動する際に関節が不安定になったりとあちこちに負担がかかるため、筋肉や関節を痛めてしまいスポーツ障害を引き起こす大きな要因となります。

 

物体がまっすぐ積み上がっていれば、支えがなくても安定している

 

例えば、このように積み木がまっすぐ積み上がっていれば、物体は支えがなくても安定しています。これがヒトで言えば安定した姿勢になります。
アスリートは姿勢が安定していると、パフォーマンス(動作)の効率を最大限高めることができます。

 

安定した姿勢から高いパフォーマンスを発揮する羽生結弦選手/livedoor newsより画像転載(https://news.livedoor.com/article/detail/17494616/)

 

反対に積み木に歪みがあると、負担が局所に集中したり、また不安定でグラグラしてしまいます。
すると崩れ落ちないためには、どこかに支えが必要になります。

 

姿勢を支える筋肉が弱いと、姿勢が歪んでしまい本来不必要な硬さが生じてしまう

 

ヒトではこの支えというのが筋肉になります。
姿勢が歪んでいる人はこのような状況になっているので、関節に負担はかかりやすいですし、身体は不安定ですし、あちこちの筋肉が硬くなりやすいのです。

 

アウターマッスル・インナーマッスルとは

この硬くなる筋肉というのが俗に言う「アウターマッスル」という筋肉です。
アウターマッスルとは表層にある大きな筋肉で、身体を動かすためのパワーのある筋肉です。

 

これに対して「インナーマッスル」というのが深層にある小さな筋肉です。関節を支えて安定させるために、パワーはないけど持久性のある筋肉です。一般的には「コアトレーニング」などで鍛えている、その「コア」と呼ばれるものです。

 

本来的には「インナーマッスルが働く」⇨「姿勢が安定する」⇨「アウターマッスルは緩む」⇨「アウターマッスルは動くために総動員される」⇨「安定した高いパフォーマンスを発揮できる」
というのが人間の運動機能の理想とするところです。

 

しかし何らかの理由でインナーマッスルの働きが弱ければ「インナーマッスルが弱い」⇨「姿勢が不安定になる」⇨「姿勢を保持するためにアウターマッスルが働く」⇨「筋肉や関節が硬くなる」⇨「筋肉の硬さや姿勢のバランスが崩れ、動きに偏りが生じる」⇨「パフォーマンス低下・怪我に繋がる」
といったことが起こってきます。

 

完璧な人間などいないのでこれは誰もが必ず抱えている問題でもありますが、この偏りが大きい人が怪我に繋がってしまいやすい傾向があります。

 

こうした問題を未然に防ぐために、実際に多くのスポーツ現場でコアトレーニングが取り入れられています。しかし、、、正直に言ってかなり雑なトレーニングになっていると見受けられる場面も少なくありません。整形外科に怪我をしてくる選手の中には、コアトレーニングはガッツリやっているはずなのに、実際にはそのコアの機能が弱い選手も沢山います。

 

なぜこのようなことが起こるのでしょうか?
どのようなことに気をつけてトレーニングをしていくことが大切なのでしょうか?
そう言った話が非常に重要になるのですが、本日は長くなってしまったので次回の記事に改めて書いていきますね。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA