感染症予防には口腔ケア!お口が原因で高まるあの病気とは??

こんにちは。ささやんです。

僕は子供の頃から健康オタク。医療従事者でもあり、理学療法分野だけでなく公衆衛生分野、歯科領域、栄養系の論文なども読み漁っているのですが、簡単に「長く健康でいるために大切な工夫」をお伝えするならば、それは「口のケア」だと主張したいと思います!

そこで本日は、なぜ口のケアが大切なのかについてお伝えします。
これは絶対に知っておいてほしい話なのでぜひ読んでいただいて、今日からの歯ブラシを丁寧に行ってくださいませ。

 

口腔ケアでインフル予防!?

歯科医師会の調査で、歯科衛生士が介護施設に入所中の高齢者に対して歯磨きや舌磨きの指導を実施したとこ ろ、通常の歯磨きをしていた施設に比べてインフルエンザ発症率が激減したという報告があります。

その内容はというと、歯磨き指導群はインフルエンザ発症者が1.0%(1/98名)であり、通常施設群9.8%(9/92名)と比べ、1/10であったと言うほどです。(口腔ケアによる細菌性酵素活性の減少とインフルエンザ感染予防)

ではなぜ歯磨きをしっかり行うことで、これほどまでにインフルエンザの発症を抑えることができたのでしょうか?それには口腔内で生成されている酵素が関係しているそうです。
口腔内にあるアミラーセやノイラミニターゼという酵素は口の粘膜の保護層を破壊してしまう働きがあると言われています。そのため、インフルエンザウィルスの口腔粘膜への吸着を高めてしまうと言われています。

またノイラミニターゼはウィルスが細胞の外に出るのを手助けしてしまい、細胞間の感染を助長させてしまうという話もあります。(ちなみにタミフルやリレンザなどのインフルエンザ薬は、この酵素の働きを妨げる効果があるそうです)

 

こんなに怖い!?口がリスクを高める疾患!

口腔衛生状態が悪いとインフルエンザの感染率を高めてしまうというだけでも驚いた方もいるかもしれませんが、口のケアは他にも様々な疾患発症リスクと関係すると言われています。

例えば現在報告されている研究では、歯周病を患っている人は

・冠状動脈性心疾患
・糖尿病
・誤嚥性肺炎
・骨粗鬆症
・早産、低体重出生児

この辺りの疾患リスクが増えるというようなことが言われています。(参考:日本歯科衛生士会HP

歯周病とは細菌によって歯周組織に炎症が起き、深い歯周ポケットが形成されるような状態になる病態のこと。

この深くなった歯周ポケットから細菌などが体内に侵入したり、炎症によって作られる物質が歯肉の血管を通じて体内に流れ込むことで、全身の組織や臓器に何らかの影響を与えると考えられています。

近年では様々な研究から、歯周病が多くの疾患に影響を及ぼし、その発症や進行のリスク因子になることが明らかにされているんです。

歯周病は進行すれば歯を失うことにも繋がります。

歯を失うことで認知症のリスクが高まることなどの報告も多く、口腔ケアは今後ますます力を入れて啓発していかなければならない分野でもあるのですね(参考:認知症に対する口腔保健の予防的役割

 

口腔のケアはどうすればいい?

日本人は治療でなければ歯医者に通わない人が多いと言われています。昔ツイッターでアンケートをとってみたところ、歯医者に定期的には通わない人が多い結果が出ました。

 

アメリカやフィンランド、スウェーデンなどでは予防歯科の文化が定着しており、30〜40%の国民が定期的に歯科検診を受けに行くという話もあります。(参考:日本・アメリカ・スウェーデン 3カ国のオーラルケア意識調査Vol.1

やはり定期的に歯科検診に通いながら、日々の歯磨きを丁寧に行うことが大切です。

 

やってみよう!歯周病チェック!

最後に厚生労働省のe-ヘルスネットより引用した歯周病チェックリストを掲載させていただきます!この項目を見て当てはまる項目が多い方は早めに歯医者さんへ行きましょう!

  • 朝起きたときに、口の中がネバネバする。
  • 歯みがきのときに出血する。
  • 硬いものが噛みにくい。
  • 口臭が気になる。
  • 歯肉がときどき腫れる。
  • 歯肉が下がって、歯と歯の間にすきまができてきた。
  • 歯がグラグラする。

また次のような方には、歯周病が起こりやすいことが知られています。

  • 45歳以上の方
  • 喫煙者
  • 妊娠中
  • 糖尿病にかかっている方
  • 歯みがきの悪い方

どうでしょうか?
みなさん大丈夫そうですか?
焦っている方はいませんか?

歯は一度抜いてしまえば、一生元には戻りません!
歯を失う前に、早め早めのメンテナンスを継続することが大切ですよ!

お口の健康、そして全身の健康に繋がったら嬉しく思います。





関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA